Category: 脱毛

毛の存在意義

脱毛脱毛、と言われる昨今ですが、では何故毛は存在しているのでしょうか?
身体に不必要なものは存在しません。
無駄毛の代名詞となっている脇毛も、縄文時代の頃は自分の居場所を他の人に知らせる役割があったそうです。
脇の毛から匂いを発し、嗅覚を刺激することでお互いの場所を認知していたそうです。
江戸時代頃から脱毛はするようになった、と言われているそうですが、現代でも、香水等の人工的な匂いを発するものも生まれて
きた為、何も意味を成さない<無駄毛>となってしまいましたが、昔はそんな使い方があったんですね。
しかしながら、毛の根本は皮膚を保護する為に存在しています。
現代でも傷の保護をする役割もあるから、なんでも剃れば良い訳ではない、という見方もあります。
石鹸やボディソープをした上から剃る、というのが一般的には言われていますね。乾燥肌の方は特に注意が必要だと思います。
毛の存在意義を正しく認識しながら、脱毛を行っていきたいですね。

ちなみに、髪の毛の悩みであればクリームシャーンプーが2018年に流行ると思います。
http://joshiryoku-bible.com/watashinokimari-kuchikomi0407/

安心できる脱毛施術

ワキだけに限りませんが脱毛の施術は、脱毛施術を受ける方の毛周期に合わせて施術をしていきます。
毛が生え変わるサイクルはだいたい2~3か月と言われていますから、それに合わせての施術で早い人では6回位の施術で完全に脱毛した状態になります。
で毛周期や効果の感じ方には個人差があり、完璧な脱毛を求めている方は10~20回程の脱毛でその効果を実感したり、または完璧な脱毛ではなくても気にならない程度になればよいという方もいますので、どの時点で脱毛施術に満足したか判断するのは難しいでしょう。
また施術回数を平均してみても10回前後となっていますが、それ以上の施術が必要な方もいて、その分費用もかかってしまいます。
ワキ脱毛だけでしたら低価格で施術を行っているお店も沢山ありますし、低料金または無料でのお試しコースがあるお店もありますので、そういったお店で試してみて、料金や対応などを確認し安心して施術を受けれるお店を探しましょう。

脱毛クリームの注意点は?

“脱毛クリームは数多くのムダ毛処理法の中でも人気のある処理法の一つです。
手軽でどこでも購入できるので、脱毛クリームを使用しているという人はたくさんいます。
しかし手軽な分、注意したい点があるのです。
脱毛クリームを使うと、埋没毛になる恐れがあります。
埋没毛は皮膚の中で毛が育ち、表面に出てこない状態のことを言います。
処理の方法に困るので、できないようにしたいものですね。
また脱毛クリームは肌にある程度の負担がかかります。
きちんとした使用法と定められた放置時間を守れば負担はかからないので、使う前に
しっかりと説明書を読んでおきましょう。
脱毛クリームは肌が弱い人やアレルギーがある人には向きません。
最近では肌が弱い人用のものが販売されていますが、だからといって全員が全員安心して使えるというわけではないのです。
なので使用前は必ずパッチテストを行うことが大事です。
パッチテストを行って肌に何の異常もなければ継続して使うことができますよ。

脱毛時の痛みについて

脱毛をしたいと思っても、脱毛は痛いというイメージがまだ強く残っているようですね。そのため脱毛に踏み切る事ができないという方も多いように思います。しかし実際には痛くない脱毛も増えて来ています。
例えば従来のレーザー脱毛やニードル脱毛には、確かにそれなりの痛みが伴います。しかし今脱毛サロンに導入されている脱毛方法はどこも痛みのないものばかりです。それに加えて脱毛の効率もあがっていて施術時間も短くてすむなど、かなりメリットがたくさんあります。なので痛みが心配だったという方も、脱毛サロンで脱毛をしてもらえば安心する事ができるでしょう。
脱毛サロンのホームページにも痛みについて詳しく記載がありますし、それでも不安な方はカウンセリング時に聞いてみても親切に答えてくれます。なので一度勇気を出してみる事をおすすめしますよ。やはり脱毛サロンでの脱毛は自宅で自分でやる無駄毛処理とは綺麗さが全然違っています。是非試してみてください。

カミソリにだってメリットはあります

脱毛クリームやカミソリでの処理の良いところは、気付いた時にすぐに処理できる点でしょう。脱毛サロンでの脱毛は確かに仕上がりが綺麗です。しかし脱毛となるとお金も時間もそれなりにかかります。また脱毛サロンに通っている間は自己処理ができないので、気になっても処理することができないのです。なのでいつでも処理できる脱毛クリームやカミソリはとても便利がいいのですが、いくつ注意点があります。まず脱毛クリームですが、脱毛クリームは肌に合う・合わないがあります。なので購入してから最初に、パッチテストを行うようにしましょう。脱毛クリームは何種類かあるので、自分に合うものを探すといいですよ。またカミソリで処理する場合は、部位によって使い分けるといいでしょう。範囲が広い場合は大きめのカミソリを、肘やひざなどの剃りにくい場所は小さめのカミソリを使うと綺麗に処理できますよ。上手く使い分けて処理するようにしましょう。

脱毛の注意点を紹介!

最近の脱毛サロンではフラッシュ脱毛が主流となっています。
IPL脱毛や光脱毛とも呼ばれ、痛みが少ない脱毛法としてとても有名です。
しかしフラッシュ脱毛にもデメリットがあります。
それはレーザー脱毛やニードル脱毛に比べて、効果が弱いという点です。
フラッシュ脱毛の光はメラニン色素に反応して、脱毛を行います。
なので太い毛には反応しやすいのですが、薄い毛には反応しにくいという
デメリットがあります。
また金髪やプラチナブロンドといった色にも反応しにくくなっています。
海外では日本より脱毛が当たり前となっているのですが、海外の人は日本人と比べて
毛の色素が薄目ですよね。
なので脱毛をする際は、わざわざ毛を黒くしてから行っているそうです。
そう考えると日本人はお得ですね。
もしフラッシュ脱毛を行っていて、まだ効果が出ないと感じているのなら
レーザー脱毛に切り替えるという手もありますよ。
レーザーはフラッシュに比べて多少の痛みが伴うとも言います。
しかし効果があるのは確かなので、お試しで受けてみるのもいいですね。

脱毛と自宅処理のメリット

脱毛にもいろいろと種類があります。自分で手軽にできるものから、専門サロンで専門的な機器を利用するものまで様々です。時間とお金さえあれば専門的な処理を行うことが理想ではありますが、誰もがサロンに通えるわけではありません。通うにしても全身の処理は頼めないケースもあるでしょう。自分でできる最も手軽な脱毛方法としては、脱毛クリームやカミソリを使うものがあります。痛みも伴いません。仕上がりとしては根の部分が残っているため、ちくちくしてしまうこともあります。また定期的に処理しないとすぐに伸びてきます。女性の腕のように比較的薄い部分の毛であれば、この方法でも無駄毛は目立たなくなります。ただし、脇のように濃い毛であると処理直後でも処理跡が目立ちやすいです。足も濃さによっては黒い点が目立ってしまうことがあります。自分で処理するために見えにくい部分は毛が残る恐れがあるため注意が必要です。脱毛方法の中では処理する頻度がどうしても多くなりますが、ほとんど費用がかからず手軽ですし臨時の処理にも向いています。

WordPress Themes